1. HOME
  2. お知らせ
  3. 旧暦びより。出かけませんか。

旧暦びより。出かけませんか。

雨水(うすい)2月19日ごろ

ちらりちらりと舞っていた雪が雨へと変わり、降り積もった雪や氷もと
けて水になる頃。厳しい寒さも冷たい雨から少しずつ暖かな雨になり、
雪解けが始まります。春に向けて凍っていた大地が目を覚まし、草木が
芽生えてくる季節。そう、春を連れてくるのが雨。でも「春雨じゃ、濡
れてまいろう」と新国劇「月形半平太」のように濡れていたら風邪をひ
いてしまうのでご用心を。三寒四温(さんかんしおん)ということばが
あるように、三日ほど寒い日が続いたあとに四日ほど暖かい日が続きま
す。これを繰り返すという寒暖の周期を表わしています。雨水の次は、
冬ごもりしていた生き物が活動し始める「啓蟄(けいちつ)」です。

「鬼は内、福は外」

もうすぐ節分。豆は魔目を打ち潰すという意味から豆を撒いて鬼を払っ
て無病息災を願う追儺式。通常、鬼といえば邪悪な存在だが、鬼の霍乱、
鬼の目にも涙、鬼も十八茶も出花など、昔から結構愛嬌がなくもない。
京都府福知山市にある大原神社では全国的にも珍しい「鬼は内、福は外」
の掛け声で追儺式がおこなわれる。鬼(厄)を同神社に迎え、福を同神
社から氏子の家庭に送るという意味がある。このように昔から福をもた
らす鬼もいたのだ。そういえば、魔除けといわれる鬼瓦もある。同市の
大江山には酒呑童子伝説も有名。ということで、2月3日におこなわれ
る大原神社の節分祭に出かけよう。ことしの春はここからみたいだ。

立春(りっしゅん)2月4日ごろ

寒い冬のトンネルを抜けると、そこには暖かい春が待っている。そんな
春のはじまりが立春です。といっても、まだまだ身にしみる寒さの立春
の頃。まさに暦の上ではということに。旧暦では、一年のはじまりとさ
れます。立春の前日が節分の日。もともと節分とは季節の分かれ目をい
い、立春、立夏、立秋、立冬の前日のことをさします。節分は文字どお
り季節の分かれ目を意味し、この日に邪気(厄)払いをし、一年の幸を
祈願します。昔から豆まきの風習や、恵方巻と呼ばれる巻き寿司がおな
じみですね。今年の方角は東北東です。

大寒(だいかん)1月20日ごろ

一年で最も寒い時期を表わす大寒。この厳しい冬を乗りきるために、寒
中水泳や寒稽古といった行事がおこなわれます。日常生活では経験する
ことのない厳しい環境に身をおくことによって、精神的にも強靭な力を
養うとされています。またこの時期には伝統的な発酵食品である味噌や
醤油、日本酒の仕込みがおこなわれます。この時期の気候が雑菌の繁殖
を抑え、これらの食品を最適な状態で発酵させるのに適しているためで
す。大寒の末候になると「鶏始めて乳す」といって、鶏が卵を産みはじ
めるころといわれます。まさに新たな希望を予感させる言葉です。次は
立春。春を迎えるまで、もう少しの辛抱です。

小寒(しょうかん)1月6日ごろ

新しい年が始まりました。本年もどうかよろしくお願いします。
「小寒」は寒さが小さいという意味ではなく、寒さが厳しくなる時期を
さします。小寒の日は「寒の入り」と呼ばれ、この日から節分までの約
30日間を「寒の内」といいます。寒気が強まり、最も寒くなる「大寒」
に向かいます。外出のときはマフラーや手袋で寒さ対策をして、風邪な
どをひかないようにしてくださいね。
そして1月7日は「七草粥」。この日に七草粥を食べると、邪気を祓い、
無病息災が得られるといわれています。「春の七草」は、セリ、ナズナ、
ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ。七草粥は、新し
い生命力を身につけようと願ったものだそうです。

冬至(とうじ)12月22日ごろ

一年で最も日が短くなる「冬至」。太陽のチカラがいちばん弱まった日
であり、この日を境に再び陽にかえる日という意味の一陽来復。つまり
太陽が生まれ変わる日ととらえ、運が向いてくるといいます。冬至とい
えば、かぼちゃとゆず湯。柚子を入れたお風呂に入るのは風邪をひかな
いため。冬至の日には「ん」のつく食べ物を食べると運が呼び込めると
いわれます。かぼちゃは別名「南瓜(なんきん)」。他にも、にんじん、
大根、銀杏など。栄養をつけて寒い冬を乗りきるための知恵ですね。

大雪(たいせつ)12月7日ごろ

暦の上では「大雪」。大雪とは雪が盛んに降りだす頃という意味で、す
でに山間部では雪が降り積もり、平地でも雪が降る時期。日に日に寒さ
が増していきます。さまざまな動物が冬眠をする頃ともいわれます。防
寒対策は大丈夫ですか。慌ただしさを増す師走、街では華やかなクリス
マスソングが聴こえてきます。新しい年の準備もそろそろでしょうか。
大雪の次は、一年で最も昼の時間が短い「冬至」となります。

小雪(しょうせつ)11月22日ごろ

「立冬」で迎えた冬の始まりも進み「小雪」となりました。小雪という
名前は、わずかに雪が降ることからつけられたとされています。朝夕は
防寒対策も必要になりますが、日中は暖かいことが多く、比較的過ごし
やすい時季です。大雪(たいせつ)の前の時期、日中はまさに小春日和
(こはるびより)と呼ぶにふさわしい穏やかで暖かくなることも多いよ
うです。
この時期、冬の夜空を飾る星のなかでも目を惹くのが牡牛座。そのなか
のプレアデス星団は和名「昴(すばる)」として古来日本でも親しまれて
きました。冬の空に堂々と輝く素晴らしき星の姿。散らばる多くの星を
「統べる」ように並び光ることから「すばる」と呼ばれるようになった
とのこと。また光る星が六つに連なる様子から「六連星(むつらぼし)」
と付けられたそうです。

立冬(りっとう)11月8日ごろ

立冬は冬が立ち上がると書くとおり、冬の始まりを言いますが、本来は
冬ではなく秋の到来を感じる頃。ようやく樹々の葉が色づく紅葉が見ら
れるシーズンはじまりです。ことしの夏は暑く、先日まで暑かったのに
急に寒くなりましたね。あっという間に秋が過ぎていく気がします。あ
なたにとって冬が来る前に、やっておくことは何でしょうか。尚、立冬
から2月はじめの立春までが暦の上では冬になります。

霜降(そうこう)10月24日ごろ

霜降は霜が降り始めるころ。朝晩の冷え込みによって霜が降りることを
意味しています。気温が下がり氷点下になると、空気中の水蒸気が地表
に凝結して霜になりますが、霜降はこうした自然現象を表わしています。
昔は、朝に外を見たとき、庭や道沿いが霜で真っ白になっていることか
ら、雨や雪のように空から降ってくると思われていました。そのため、
霜は降るというそうです。日中は晴れて秋らしい陽気となる日が続きま
す。ただ、秋から冬へ移り変わっていく時期だけに、コートやダウンな
ど冬物を出して、厳しい寒さにも対応できるようにしておきたいですね。

寒露(かんろ)10月8日ごろ

一年のうちでいちばん最初に「寒」の文字が入った二十四節気の17番目
「寒露」。野草に宿る冷たい露のこと。朝晩の冷え込みは厳しくなって
きますので体調の管理にくれぐれもご注意を。空気が澄んだ秋晴れの過
ごしやすい日が続きます。まさにスポーツの秋、行楽の秋です。そして、
秋が深まり、次第に寒さが増し、「露」は「霜」へと変わっていきます。

秋分(しゅうぶん) 9月23日ごろ

暦では秋のまん中。春分と同じく太陽が真東から出て真西に沈む、昼と
夜の長さが同じになる日のことをいいます。「暑さ寒さもお彼岸まで」
という言葉は秋にも当てはまりますが、歳時記ではただ単に「彼岸」と
いえば春をさすので「秋彼岸」とか「のち彼岸」というそうです。田ん
ぼの畦道に咲く曼殊沙華が鮮やかです。そろそろ、秋の運動会がおこな
われ、元気な子どもたちの歓声が聞こえてきそうですね。そして、これ
から次第に秋が深まっていきます。

白露(はくろ)9月8日ごろ

白露とは、草に降りる露が寒さで白く見えるようになるという意味。楽し
かった夏休み終わり、始まった新学期。ところとどころに感じていた秋の
気配も本格的に。朝の澄んだ空気と、ほんのちょっと肌寒い冷風が季節の
移ろいを教えてくれています。月が美しく眺められる時季でもあります。
私たち人間にとっても、昼も夜も、心地よく過ごせる季節の到来ですね。

処暑(しょしょ) 8月23日ごろ

もともと「処」は「来て止まる」という意味をもつ漢字だそうです。ここ
では、そろそろ暑さがおさまるという意味で、このころから朝晩の涼しさ
が実感できるようになってくるといわれています。暑さも少しずつ下り坂
になりはじめるころ。ときおり吹く涼しい風、はやく実感したいですね。
田んぼの稲穂は、こうべをたらすほどたわわに実り、収穫のときをいまか
と待ちわびているように見えます。残暑の暑気をすりぬけて、目にする風
景に、ちりばめられた初秋のかけら。ほら、秋の足音が…。

立秋(りっしゅう) 8月8日ごろ

暦の上では秋。秋になったのではなく、秋が生まれた日。とはいえ、秋の
気配さえ感じられないというのが実感ではないでしょうか。現代人にとっ
て立春以上に違和感を覚えるのが立秋かもしれません。立春が寒さの頂点
なら、立秋は暑さのピーク。この日から少しずつ涼しくなっていきます。
ただ昔は陽が落ちれば、心地よい風が吹き始める時期だったのかもしれま
せん。立秋の末候となれば、やがて蝉時雨も弱まり、太陽の光も弱まり、
サトウハチロー作詞の『小さい秋みつけた』になることでしょう。ちなみ
に「秋」の語源は、実りの秋だけに食べ物が飽きるほどあるから、草木が
赤くなるから、天候が明らかだからなど説はさまざま。食欲の秋の到来と
いっても、食べ過ぎにご注意を。立秋を過ぎれば暑中見舞いではなく、残
暑見舞いと書くのが本来のならわしです。まだ当分暑いが続きます。くれ
ぐれも暑さに負けないで、お過ごしください。

大暑(たいしょ) 7月23日ごろ

照りつける太陽、賑やかな蝉の声と、暑さが最も厳しくなるのが「大暑」。
子どもたちにとっては、水遊び、虫取り、お昼寝と愉しみ盛りだくさんの
夏休み。日ごとに増すうだるような暑さにエアコンの温度は下がり気味に
なりますが、冷房病や夏バテの原因にもなりますのでご注意を。とにかく
熱中症に気をつけてください。この時期「スタミナミタス」(回文)、土
用の丑の日。鰻を食べる習わしがあります。これは江戸中期を代表する平
賀源内の発案で鰻屋の看板を書いたことに始まります。鰻に限らず「う」
のつく食べもの(梅干し・きゅうり・冬瓜などのうり類・うどんなど)を
丑の日に食べると夏に負けないといわれます。暑さで食欲がおちるといわ
ないで食べものを美味しくいただいて、元気盛々、夏をのりきりましょう。

小暑(しょうしょ) 7月7日ごろ

一年で最も暑いといわれる「大暑」の前にやってくるのが「小暑」です。
「小さく暑い」と書くことから、だんだんと暑さが増して本格的に暑くな
る少し前のことをさします。時には梅雨明けと思わせるように陽射しが降
りそそぎ、湿っぽさのなかにも夏の熱気が感じられるころです。気のはや
い蝉の声が聞こえてきそうです。外に出れば、夏の香りが満ちています。
7月7日といえば七夕。ゆっくりと星空を眺めてみるのもいいですね。

夏至(げし) 6月22日ごろ

「夏至」は一年でいちばん昼の時間が長く、夜が最も短い日。太陽が最も
高く昇る日で、影も一年で最も短くなります。ところが今は旧暦の五月、
梅雨の真っ最中。太陽の姿がなかなか見ることができません。昔は梅雨の
ことを「五月雨」といい、「さ」は「五月」、「みだれ」は雨をあらわす
「水垂(みだれ)」の意。この時期、雨を鬱陶しいと思わず、一雨ごとに
色を変える紫陽花を楽しんで過ごしませんか。

芒種(ぼうしゅ) 6月5日ごろ

イネ科植物の穂先の細い毛のような部分を「芒(のぎ)」といい、そんな
芒のある穀物の種を蒔く時季。とはいえ、実際には、麦は刈り取りの時期、
稲は田植えの時期。田植えを始める目安にしたようです。今では機械化が
進みましたが、かつての田植えは農家の一大行事。田の神様をおまつりす
る神事の意味合いが強かったそうです。日本人はお米はお百姓さんの汗の
結晶。一粒でも大切にとしつけられてきたものです。「稲」の語源は「命
の根」だという説もあるほどですしね。

小満(しょうまん) 5月21日ごろ

麦の穂が実り、少し満ちてきたという意味の「小満」。それが転じてすべ
てのものが次第に成長し、天地に満ちはじめる時節になったという意味に。
「新緑」から「万緑」へと移り変わる季節。「緑」はもともと色の名前で
なく、みずみずしい様子を表わした言葉。昔から、つややかな黒い髪のこ
とを「みどりの黒髪」、赤ちゃんのことを「みどり児(ご)」といいます。
このごろ吹いてくる少し強い南風を「青嵐(あおあらし)」と呼び、風ま
でが爽やかな色彩を伴い、目で、肌で命があふれんばかりに躍動する時期。


立夏
(りっか) 5月5日ごろ 

風薫る季節。新緑の映える、清々しい風、まぶしい陽射しは、五月晴れとい
うことばがぴったり。「立夏」とは、次第に夏めいてくるころのことです。
5月5日は端午の節句。鯉のぼりが気持ちよく泳いでいます。滝をのぼって龍
になるという鯉の滝のぼりの逸話にちなみ、男の子の立身出世を願うことか
ら揚げたといわれます。子ども健康を願う鯉のぼりが青空にはためきます。

穀雨(こくう) 4月20日ごろ 

「穀雨」は百穀を潤す春雨の意。ぽかぽか陽気の春も、なかなかの気まぐれ
屋さん。晴れたかなと思えば雨を降らしたり、と思えばまた晴れたり。でも
この雨は農作物の成長には欠かせないものなのです。この時季、三日以上続
く長雨を「春霖(しゅんりん)」、降ったりやんだりする雨を「春時雨(は
るしぐれ)」、菜の花の時季なので「菜種梅雨(なたねづゆ」)といいます。

清明(せいめい) 4月5日ごろ 

清浄明潔。すべてのものが清らかで穢れがなく、生き生きして明らかなこと。
これを略したものが「清明」だそうです。たくさんの花が咲き、若葉が萌え、
鳥たちが歌い出し、すべての生命が春の息吹を謳歌して輝く季節の到来です。

お知らせ

お知らせ一覧